Skip to content
HOME > ナショナル・トラスト > かながわのナショナル・トラスト運動

かながわのナショナル・トラスト運動

かながわのナショナル・トラスト運動

かながわの未来に、いまできること

神奈川の自然は、急速な都市化の進行によって、およそ40年間で県土面積の5分の1以上のみどりが失われました。
神奈川県には、丹沢から箱根を中心とした “やまのみどり”、相模原台地、多摩丘陵から三浦半島に続く里山・樹林地などの“まちのみどり”があります。
これらのみどりは、木材資源や水源を育み、レクレーションの場を提供し、また多様な生き物の生息場所となるなど、私たちの生活に欠くことができないものです。

かながわトラストみどり財団はかながわのナショナル・トラスト運動を推進し、私達に残された、
身近な自然環境及び歴史的遺産を将来に渡り保全していくため、
「かながわのナショナル・トラスト」を推進し、緑地の保全活動に取り組んでいます。

かながわのナショナル・トラスト運動

ながわのナショナル・トラスト運動

かながわのナショナル・トラスト運動は、イギリスで発展した運動をモデルにして、神奈川県が設置する基金と運動体となる財団が連携して、都市化の著しい県内の身近なみどりを守り、育てる運動として昭和61年にスタートしました。今日までに、保全しているトラスト緑地は計86haを超えております。

トラスト緑地は、ボランティアの市民団体の協力により自然再生や維持管理活動が行われ、良好な自然環境が保全されています。

トラスト緑地の保全手法と条件

身近な緑地の保全活動

かながわのナショナル・トラスト運動では、緑地の保全に向けて選定委員会を設置し、県基金による買入や寄贈、財団と地権者の保存契約等による保全を行っています。法制度で守られない市街地近郊の緑地を、地元市町村及び県民の皆様の協力を得てトラスト緑地として持続的に保全しています。

3つの手法

①神奈川県「かながわトラストみどり基金」による買い入れ
②かながわトラストみどり財団の緑地保存契約
③神奈川県による寄贈等の受入れ

3method

また、市町村の緑地保存契約の拡大を促進するために、費用の一部を助成しています。

神奈川県内のトラスト緑地

trustmap
kanagawa area

トラスト緑地保全支援事業

トラスト緑地の保全活動を行う「トラスト緑地保全支援事業」を平成20年より開始しました。トラスト会員からの支援会費や寄附金によって、ボランティアの自然再生活動や維持管理活動を行っています。現在、小網代の森緑地(三浦市)、久田緑地(大和市)、桜ケ丘緑地(横浜市)、葛葉緑地(秦野市)への支援しています。

Scroll To Top