Skip to content
HOME > 緑化運動・育樹運動コンクール

緑化運動・育樹運動コンクール

かながわトラストみどり財団

みどりを増やそう・大切にしよう

その気持ちを「絵」や「言葉」で表現してみませんか?

豊かな自然環境、健康的な地球環境を築くために、森林や街の緑の重要性があらためて見直されてきています。

かながわトラストみどり財団では、毎年夏から秋にかけてコンクール(ポスター原画・標語・学校関係緑化)を開催し、作品の制作を通して緑を守り・育てる気持ちを広めていく運動を推進しています。

令和3年度ポスター原画受賞作品

R3 最優秀(中・高)

コンクールの種類

令和2年度ポスター原画受賞作品

R2 小 最優秀
R2 高 最優秀

①ポスター原画コンクール

学校単位

国土緑化を目的とした、植樹活動、森林・樹木の保護・育成活動意欲を高める作品を募集します。対象は、神奈川県内の小学校、中学校(中等教育学校含む)、高等学校、特別支援学校の児童・生徒です。

令和3年度 標語受賞作品

「 木を植えて 広がる緑 すてきな未来」

「 育てよう みんなの未来と 豊かな緑」

「 ひと粒の 種に未来の ゆめ託す」

令和2年度 標語受賞作品

「 小さな芽 植えて守ろう 地球の未来」

「 つなげよう 未来に続く 緑色」

「 大空へ 育てる緑で 描く夢」

②標語コンクール(学校単位)

学校単位

国土の緑化運動をすすめ、緑を大切に思う心を簡潔で語調を良く表した標語を募集します。対象は、神奈川県内の小学校、中学校(中等教育学校含む)、高等学校、特別支援学校の児童・生徒。

③標語コンクール(一般の部)

一般

県内在住・在勤の方は、標語1点と住所・氏名・電話番号・職業をハガキに明記の上、当財団事務所へ郵送してください。

イメージ

④学校関係緑化コンクール

学校単位

県内の小学校、中学校、高等学校で児童・生徒等による環境緑化活動を進め、教育効果をあげた学校及び、広く森林を活用し環境学習等を進め、教育効果をあげた学校を募集します。

コンクール受賞作品

令和3年度 ポスター受賞作品

令和3年度 標語受賞作品

「 育てよう みんなの未来と 豊かな緑」

「 木を植えて 広がる緑 すてきな未来」

「 ひと粒の 種に未来の ゆめ託す」

令和2年度 ポスター受賞作品

R2 最優秀 小・高

令和2年度 標語受賞作品

「 小さな芽 植えて守ろう 地球の未来」

「 つなげよう 未来に続く 緑色」

「 大空へ 育てる緑で 描く夢」

過去の受賞作品をみる

令和4年7月15日(金)~令和4年8月31日(水)「箱根高原ホテル」(足柄下郡箱根町元箱根164)にて

令和3年度ポスター原画・標語コンクール受賞作品展開催!

 

<展示作品>

標語  10作品

小学校の部(最優秀賞~金賞)3作品

中学校の部(最優秀賞~金賞)4作品

一般の部(最優秀賞~金賞)3作品

 

ポスター作品  14作品

小学校の部(最優秀賞~銀賞) 6作品

中学校の部(最優秀賞~銀賞) 4作品

高等学校の部(最優秀賞~銅賞) 4作品

 

箱根高原ホテル公式サイト

令和4年8月1日(月)~ 令和4年8月31日(水)「モダン湯治おんりーゆー」(南足柄市広町1520-1)にて

令和3年度ポスター原画コンクールと作品展開催!

 

<展示作品>

ポスター作品  20作品

展示作品一覧

 

モダン湯治おんりーゆー

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

コンクールに関するお知らせ

令和4年度緑化運動・育樹運動コンクール現在作品募集中です。

 

令和3年度緑化運動・育樹運動コンクール入賞者及び入賞作品を掲載しました。過去の受賞作品からご覧ください。

入賞した皆様おめでとうございます。

たくさんのご応募いただきまして誠にありがとうございました。

来年度も皆様の素敵な作品をお待ちしております。

 

 

令和3年度緑化運動・育樹運動コンクール応募点数

小学校 中学校 高等学校 一般 合計
標語 96 113 54 266
ポスター原画 189 104 37 330

 

 

令和3年度緑化運動・育樹運動コンクール入選点数

部門 最優秀賞 金賞 銀賞 銅賞 佳作 合計 
標語

小学校 1 2 3 2 2  10
中学校 1 3 3 4 3  14
高等学校 1  1
一般 1 2 1 1 1 6
ポスター原画 小学校 1 2 3 5 12 23
中学校 1 2 1 3 3  10
高等学校 1 1 1 1 2  6

 

ポスター原画作品の発送に関するNEWS記事を掲載しました。

梱包方法について検討中の先生は一度ご覧ください。

記事詳細はコチラ

 

相川賞基金について

昭和59年に林業家・相川文五郎氏より寄付された1,000万円を基に設立されました。

現在はその果実(利息等)を当財団主催の各種緑化連動コンクールの表彰のために活用させていただいています。

Scroll To Top