Skip to content
HOME > イベント > 古地図を持って大磯を巡る

古地図を持って大磯を巡る

古地図を持って大磯を巡る

「古地図を持って大磯を巡る」の詳細

日時 2020年3月19日(木)
10:00〜15:00
場所

集 合
JR大磯駅改札前 10:00

行 程
大磯駅~~城山公園前~旧吉田邸入館~郷土資料館~城山公園展望台(昼食)~大磯町郷土資料館~太平洋自転車道路~こゆるぎ緑地~明治記念大磯邸園~澤田美紀記念館~大磯駅

自然観察会

▼集 合 JR大磯駅改札前 10:00

▼解 散 15:00 大磯駅

▼行 程
大磯駅~~城山公園前~旧吉田邸入館~郷土資料館~城山公園展望台(昼食)~大磯町郷土資料館~太平洋自転車道路~こゆるぎ緑地~明治記念大磯邸園~澤田美紀記念館~大磯駅

▼講 師 NPO法人大磯ガイド協会

▼定 員 30人(抽選)

▼参加費
会員 無料
一般1,000円
学生500円
※現地までの交通費及び行程途中のバス代は各自負担です。

▼雨天時
原則として小雨天実施です。コース等の変更をする場合があります。当財団ツイッターでも、開催状況をお知らせしています。
財団公式ツイッター

▼持ち物等
歩きやすい靴、帽子、弁当、水筒、敷物、筆記用具、雨具

▼申込方法
12月1日(日)~12月31日(火)
①参加希望日と行事名
②代表者氏名・住所・電話番号
③会員の方は会員番号
④メール申し込みのかたはメールアドレス
⑤同伴者氏名・住所・電話番号・会員の方は会員番号
①~⑤ご記入のうえ、メール/FAX/はがき/イベントフォーム にてお申し込みください。

〒220-0073
横浜市西区岡野2-12-20
(公財)かながわトラストみどり財団
みどり企画課
※FAX:045-412-2300
※メール:midori@ktm.or.jp

▼問合せ先
(公財)かながわトラストみどり財団
※電話:045-412-2525

▼概 要
大磯ガイド協会にガイドを務めて頂き、古地図を片手に大磯の名所や史跡、トラスト緑地の大磯こゆるぎ緑地などを巡ります。

「古地図を持って大磯を巡る」活動報告

好天に恵まれ、幸先の良いスタートとなりました。大磯ガイド協会の丁寧で詳細な説明を受けながら、旧吉田邸、県立大磯城山(じょうやま)公園、大磯郷土資料館等を巡りました。

旧吉田邸内の説明では、庭園の敷石の説明(現上皇ご夫妻のために敷いた車寄せの敷石が、実際には本人の棺を運ぶための車寄せとして使われた)など、ガイド協会独自の資料を見せていただきながら、七賢堂や吉田茂像を通り、城山公園展望台に向かいました。

城山公園はかながわトラストみどり財団が選定した「かながわにおけるパワースポット・癒やしスポット」の「癒やしスポット」に選ばれた場所です。展望台から雪化粧に覆われた富士山、眼下に湘南の海を眺めると本当に心が癒やされます。大磯町郷土資料館での解説によると、大磯ゆかりの政界・財界・文化人達の説明をするだけで日が暮れてしまう、とのこと。有楽町の地名由来になった織田有楽斎が建立した「如(じょ)庵(あん)」跡地を経て、向かった松林の広がるトラスト緑地「大磯こゆるぎ緑地」では海風の香りを楽しみながらガイドの話に耳を傾けました。

澤田美喜記念館では、戦後、混血児と呼ばれた孤児たちの養育に奔走し、エリザベス・サンダースホームを運営した澤田美喜氏についてお話しいただき、ガイドの皆さまのと郷土愛に敬服しました。また、終日にわたり梅、桜(地福寺/島崎藤村夫妻墓)、椿などを楽しみました。

 

<旧吉田邸では梅の芳しい香りが出迎えてくれました。>

<七賢人と呼ばれた明治政府の立役者の説明に耳を傾けます。>

 

<サンフランシスコを向いて立つ吉田茂像>

 

<癒やしスポットに選定された大磯城山公園。>

<トラスト緑地 大磯こゆるぎ緑地>

<「湘南発祥の地」の碑を前に。>

<澤田美喜記念館前で。彼女の偉業に話は尽きません。>

Scroll To Top