Skip to content
HOME > イベント > 【ライブ配信限定】アカテガニ放仔観察会2020(2020年8月19日(水)新月)

【ライブ配信限定】アカテガニ放仔観察会2020(2020年8月19日(水)新月)

アカテガニ放仔

「【ライブ配信限定】アカテガニ放仔観察会2020(2020年8月19日(水)新月)」の詳細

日時 2020年08月19日(水)
18:00頃〜19:30頃
場所

インターネットを活用したオンラインライブ配信について(参加無料)

今回のアカテガニ放仔観察会は感染症拡大防止の観点から中止となりました。これまでも高温注意情報や荒天による中止が相次ぎ、今後もイベントとして実施できるか課題となっています。

アカテガニ放仔という自然の営みは、小網代の森の保全活動を多くの皆さまに理解してもらうための重要な機会と考えております。

このきっかけをチャンスととらえ、新たな試みとしてライブ配信を計画しました。

 

=(第2弾開催決定)2020.8.7===============

2020年8月4日(火)満月に今年度1回目のアカテガニ放仔観察会ライブ中継を行い、視聴いただいた皆様に好評だったため、第2回目を8月19日(水)に開催することを決定しました。

第2回目も同じフェイスブックに立ち上げたグループ内で中継予定です。

中継時間18:00~19:30

 

自然観察会

※インターネットによるライブ配信を行います。

▼集 合 18:00頃 3密を避けて電波のよい所で
▼解 散 19:30頃
▼行 程 【ライブ配信として】アカテガニ広場周辺
▼講 師 (公財)かながわトラストみどり財団

NPO法人小網代野外活動調整会議

▼定 員 無(応募制)
▼参加費 無料
▼雨天時 荒天の場合は中止
▼申込方法 【申込受付】
【インターネットを活用したオンラインライブ配信について】小網代の森の保全活動を多くの皆さまに理解してもらうためにインターネットによるライブ配信を行います。財団公式フェイスブックにて開設を予定しており、当日ご自宅から観察会等をお楽しみいただけます。試験的な取り組みのため、仕様や行程を変更する場合があります。(参加にはFacebook(フェイスブック)のアカウント登録が必要となります。)

①財団公式フェイスブック「facebook.com/ktm.or.jp」に「イイネ!」をお願いします。

②財団公式フェイスブック/グループ内の「ライブ配信】2020年8月4日小網代の森アカテガニ放仔観察会」の「グループに参加」で申し込みください。後日承認いたします。

「ライブ配信】2020年8月19日小網代の森アカテガニ放仔観察会」グループに参加

https://www.facebook.com/groups/593860791321590/

③併せて、メッセージにて、イベント名、氏名、住所、電話番号、会員番号(会員であれば)を通知ください。

注意:通信料はご負担ください。Wi-Fi環境など電波の良い所でご視聴ください。

▼問合せ先 (公財)かながわトラストみどり財団
※電話:045-412-2525
▼概 要 夏の大潮の晩。母ガニは孵化した卵を抱え、いっせいに海岸に押し寄せ、子どもたちを海に放ちます。引橋から干潟まで講師と歩き、アカテガニ広場でガイダンスを受けた後、膝丈まで海に入り、陸から降りてくるカニの放仔を海から観察します。

 

「アカテガニ放仔ライブ配信」活動報告

今年のアカテガニ放仔観察会は感染症拡大防止の観点から中止となりました。これまでも高温注意情報や荒天による中止が相次ぎ、今後もイベントとして実施できるか課題となっています。

そこで、インターネットを活用したオンラインライブ配信(生中継)を試験的に行いました。NPO法人小網代野外活動調整会議の岸由二代表による解説もいただき、多くの皆さまに視聴いただきました。

小網代の森といえばアカテガニ。カニ種類の多くは海辺や川辺にいますが、アカテガニは珍しく森の中で生息しています。そして夏の大潮の晩、満潮になり水面が上がったところで、お腹に幼生(ゾエア)を抱えた母ガニが海岸に押し寄せます。子どもの幼生を海に放つことから、放仔(ほうし)といいます。子どもは海で1ヶ月ほどすごし、小ガニとなって浜に上がり、森で暮らすようになります。アカテガニは小網代の森のように森と海が一体となった自然環境が必要なのです。

アカテガニの放仔観察はまさに小網代の森の貴重な自然環境を知っていただける重要な機会です。これからも引き続き小網代の森のアカテガニの観察を続けていきたいと思います。

<ライブ配信中>

<ハマカンゾウの解説>

<日没後、母ガニがやってきました>

<海に入る母ガニ>

<身体を震わせて子を放つ>

 

Scroll To Top