Skip to content
HOME > イベント > 2020年10月7日(水)枝打作業【県民参加の森林づくり】

2020年10月7日(水)枝打作業【県民参加の森林づくり】

畑宿

「2020年10月7日(水)枝打作業【県民参加の森林づくり】」の詳細

日時 2020年10月7日(水)
8:00~15:00
場所

場 所 箱根町畑宿(県有林 )

集 合 8:30 8:00 小田原駅西口

専用バスで現地へ移動します。

集合場所

枝打作業です。
源泉かけ流しの温泉で汗を流せます。

森の中へ入ってみよう

▼内 容 枝打
▼定 員 事前申込制50名先着順
▼交 通 JR東海道線・小田急線 小田原駅西口
▼駐車場 自家用車駐車場はありません。
▼解 散 15:00~ 昼食後解散
▼参加費 無料
ただし、集合場所までの交通費は自己負担でお願いします。
▼雨天時 小雨決行、荒天延期
実施の有無については、前日の午後6時以降に録音テープにてご案内いたしますので「045-412-2255」にご確認ください。
当財団ツイッターでも、開催状況をお知らせしておりますのでご確認ください。
財団公式ツイッター
▼予備日 10月8日(木)
▼申込方法 【申込開始日】 8月1日 ※先着順
「参加申し込みはこちら(*注)」からのイベント申込フォームに入力か電話または、①~⑥を記入のうえ、メール/FAX/はがきにてお申し込みください。①参加希望日とイベント名
②代表者氏名・住所・電話番号
③森林づくり登録番号をお持ちの方は登録番号
④会員の方は会員番号
⑤メール申し込みのかたはメールアドレス
⑥同伴者氏名
(*注)「参加申し込みはこちら」は参加受付中の時、ボタンが出ます。 ※受付は先着順です。定員を越え、ご参加をお断りする場合のみご連絡しております。特に連絡がない場合はそのままご参加ください。
▼問合せ先 〒220-0073  横浜市西区岡野2-12-20
(公財)かながわトラストみどり財団
みどり森林課
※電話:045-412-2255
※FAX:045-412-2300
※メール:midori@ktm.or.jp
▼日 程 午前は枝打作業。昼食後、箱根高原ホテルさんのご厚意により温泉で汗を流し、バスで駅まで戻り解散。
▼指導者 NPO法人 かながわ森林インストラクターの会
▼対 象 健康で軽い山歩きのできる方(目安は中学生以上)
▼持ち物 ・マスク等口と鼻を覆えるもの
・季節に関わらず長袖、長ズボン(動きやすく体温調節しやすい服装)
・靴はトレッキングシューズや安全靴が最適(履きなれた靴でも可)
・皮手袋や滑り止め付き軍手
・手ぬぐいやタオル2枚
・弁当、飲物(夏季は最低でも1ℓ準備)
・雨合羽、敷物、常備薬など
▼作業道具 作業当日に事務局が用意します。持参はご遠慮ください。
ヘルメット、ノコギリ、鎌、唐鍬(機械は使用しません)
▼傷害保険 参加者全員加入しております。ただし、持病、熱中症、熱射病は対象外。
▼欠席連絡 平日8:30~17:15までにご連絡ください。当日のキャンセルについては連絡体制は取っておりません。
集合時間までに来られない方は欠席とさせていただきます。(遅れないようにお集まりください)
▼おねがい 体調不良の場合は無理せず休みましょう。
活動中は指導者・スタッフの指示に従ってください。
▼個人情報 財団主催の森林づくり活動にかかわるもの以外には使用しません。

「2020年10月7日(水)県民参加の森林づくり活動」活動報告

 

新型コロナウィルス感染症対策のため、集合時刻をいつもより30分繰り上げ8時とし、小田原駅を8時15分マイクロバス5台で出発。

9時10分に活動地に到着。

 

オリエンテーションを開始。自然環境保全センター足柄出張所の鈴木所長から、活動地の概要説明と歓迎の挨拶をいただいた。

その後、参加者は5班に分かれて、9年生の無花粉スギの枝打ちを作業開始。

今回は、シカによるスギの幹の剝皮予防のため、試験的に枝打ちで落した枝を幹に巻きつけを行った。

枝を鋸で落す者、幹に枝を巻く者、2人1組や3人1組になって、作業を進めて、11時30分、作業を終了。

予定したエリアの作業を概ね終了。林内はずいぶんと明るくなった。

 

開始時は今にも雨が降りそうなようすであったが、何とか降雨に合わずに済んだ。マイクロバスに乗車して、箱根高原ホテルに向かう。

12時過ぎに同ホテル到着。前半後半の2つのグループに分けて、昼食及び入浴。雨が降り始めて、13時過ぎに同ホテルを出発。小田原駅に向かった。

 

来年度、今回施行した枝による幹の保護がどのようになっているか、シカの剝皮被害が発生していないか、引き続き観察していきたい。

 

 

活動地についてオリエンテーション。自然環境保全センター職員の歓迎の挨拶

 

準備体操は、軽めにしっかりと。後ろに見えるのが活動地のスギ林

 

いざ班毎に林内へ

 

森林インストラクターが実演で指導

 

参加者による枝打ち開始

 

枝打ち後の切り口を確認

 

切り落とした枝を幹に巻いて、保護します

 

 

林内がだんだん明るくなっていきます

 

林内の中まで見通しがきくようになりました

 

ホテル前で緑の募金活動に協力いただきました

 

Scroll To Top