Skip to content
HOME > 11/6自然観察会「旧街道~甘酒茶屋を訪ねて」活動報告

11/6自然観察会「旧街道~甘酒茶屋を訪ねて」活動報告

amasake7

「11/6自然観察会「旧街道~甘酒茶屋を訪ねて」活動報告」の詳細

11月6日「旧街道~甘酒茶屋を訪ねて」イベント活動全体はコチラ

 

今回のイベントは、箱根地域自然観察指導員・日本ガーデンデザイン専門学校講師 髙橋勉 氏、元神奈川県自然環境保全センター箱根出張所所長 坂本政美 氏、元神奈川県箱根自然公園管理事務所副所長 鈴木郁男 氏を講師に招いて「旧街道~甘酒茶屋を訪ねて」を行いました。

小田原駅に集まり、バスで恩賜公園前に移動して財団からの挨拶と講師紹介を行いました。

観察会は、杉並木を歩きながら坂本氏の説明から始まりました。

杉を植えた川越城主 松平正綱の説明や並木が危機を乗り越え現在に至るまでの歴史や杉の樹齢、現在の状態までの話を参加者は興味深そうに聞いていました。

身代わり地蔵を観察後、時間の関係で予定を早めてケンペル・バーニー碑まで移動して、石碑の説明と合せドイツ人医師のケンペル氏と碑に刻まれている言葉を残したバーニー氏の話を聞きました。

その後、髙橋氏に講師を交替して権現坂の石畳を街道や植物の説明を聞きながら甘酒茶屋をめざし登って行きました。

観察会中は皆さんから色々な質問が出ていて、各講師が答えながら会は進みとても充実した観察会となりました。

財団の優待施設にもなっていただいている甘酒茶屋に到着し観察会は終了、解散後は多くの参加者さんが甘酒を飲んで休憩していました。

<オリエンテーション>

<杉並木>

<杉並木>

<身代わり地蔵>

<ケンペル・バーニー碑>

<権現坂>

<甘酒茶屋>

 

11月6日自然観察会「旧街道~甘酒茶屋を訪ねて」活動全体はコチラ

Scroll To Top