Skip to content
HOME > 10/7枝打作業活動報告

10/7枝打作業活動報告

IMG_2680

「10/7枝打作業活動報告」の詳細

10月7日枝打作業ボランティア活動全体はコチラ

 

新型コロナウィルス感染症対策のため、集合時刻をいつもより30分繰り上げ8時とし、小田原駅を8時15分マイクロバス5台で出発。

9時10分に活動地に到着。

 

オリエンテーションを開始。自然環境保全センター足柄出張所の鈴木所長から、活動地の概要説明と歓迎の挨拶をいただいた。

その後、参加者は5班に分かれて、9年生の無花粉スギの枝打ちを作業開始。

今回は、シカによるスギの幹の剝皮予防のため、試験的に枝打ちで落した枝を幹に巻きつけを行った。

枝を鋸で落す者、幹に枝を巻く者、2人1組や3人1組になって、作業を進めて、11時30分、作業を終了。

予定したエリアの作業を概ね終了。林内はずいぶんと明るくなった。

 

開始時は今にも雨が降りそうなようすであったが、何とか降雨に合わずに済んだ。マイクロバスに乗車して、箱根高原ホテルに向かう。

12時過ぎに同ホテル到着。前半後半の2つのグループに分けて、昼食及び入浴。雨が降り始めて、13時過ぎに同ホテルを出発。小田原駅に向かった。

 

来年度、今回施行した枝による幹の保護がどのようになっているか、シカの剝皮被害が発生していないか、引き続き観察していきたい。

 

 

活動地についてオリエンテーション。自然環境保全センター職員の歓迎の挨拶

 

準備体操は、軽めにしっかりと。後ろに見えるのが活動地のスギ林

 

いざ班毎に林内へ

 

森林インストラクターが実演で指導

 

参加者による枝打ち開始

 

枝打ち後の切り口を確認

 

切り落とした枝を幹に巻いて、保護します

 

 

林内がだんだん明るくなっていきます

 

林内の中まで見通しがきくようになりました

 

ホテル前で緑の募金活動に協力いただきました

 



10月7日枝打作業ボランティア活動全体はコチラ

Scroll To Top